文学研究に没頭していたがゆえ、結婚はおろかこれまで女性と接することすらほとんどなかった、教授冴山。そんな彼に学ぶ生徒の中にいち夏はいた。彼女は誰よりも熱心に勉強し、いつしか教授室に出入りするようになっていた。しかしいち夏が熱心だったのは、文学よりも好きなことがあったからだった…。この動画をU-NEXTの31日無料体験で見る